flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

キャロル&チューズデイ episode:07「Show Me The Way」

脚本:うえのきみこ 絵コンテ:尾崎隆晴 演出:高藤聡 作画監督:本城恵一朗、斉藤英子、小柏奈弓

【概要】

サイドニア・フェス出演の次はオーディション番組「マーズ・ブライテスト」へのエントリー。地方予選から参加したキャロル&チューズデイだったが、チューズデイは自身の身元がばれないように変装して出場する。そこでチューズデイはキャロルの生い立ちを知るのだった。

【感想】

マスメディアへの露出で顔が割れることを気にするチューズデイの内面が縦軸。家出したチューズデイの悩みはちっぽけなものではないだろうが、恵まれない生い立ちをあっけらかんと明かしたキャロルが相棒でいてくれる心強さ。アンジェラの複雑そうな家庭事情すらもチューズデイを励ましてくれるかのよう。マーズ・ブライテスト地方予選の珍妙な参加者たちには審査員ならずとも微妙だったが、身元バレを気にして挙動不審になったチューズデイを自然となじませる効果があったように思う。