flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

鬼滅の刃 第九話「手毬鬼と矢印鬼」

絵コンテ:外崎春雄 演出:下村晋矢 作画監督:緒方美枝子、田中敦士、塩島由佳

【概要】

珠世の隠れ家を二体の鬼が急襲する。手毬を自在に操る鬼に苦戦する炭治郎。もう一体の鬼を禰豆子に任せて果敢に立ち向かうが、敵はこれまでの鬼とは段違いの再生能力を有していた。鬼舞辻無惨直属の鬼たちの血液を確保しようと炭治郎と禰豆子は奮戦する。

【感想】

これまでとは明らかに異質な強敵の登場にテンションが上がる。矢印を可視化するというビジュアルは、これまでもテクスチャのような表現がしばしばだったので、違和感なく見ることができた。矢印との相乗効果でセリフが多い炭治郎の持ち味が生きていたように感じられたのが面白いところ。戦闘中にあってもキュートな禰豆子の表情や仕草が硬質さを和らげてくれる。ミニマルな登場人物による骨太なバトル描写を堪能した。