flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- 第9話「大和アレクサンダー THE CHARISMA OF STREET」

脚本:青葉譲 絵コンテ:小林浩輔 演出:小林浩輔 作画監督:立花希望、黒川あゆみ、オグロアキラ、前田綾

【概要】

ひたすら筋力トレーニングに励む大和アレクサンダーには、ストリート系のカリスマになるという目標があった。ある日、アレクサンダーは憧れの黒川冷に再会する。決意を胸に臨んだプリズムショーで、アレクサンダーは型破りなパフォーマンスを繰り広げる。そこにタイガが乱入して……。

【感想】

弱虫だった幼少期とは別人のようになってしまったアレクサンダーだが、母親であるヴィクトリアの変わらぬまざなしが、ワイルドなイメージで売る彼の本質を伝えてくれる。それがプリズム1での晴れ姿を通じて黒川冷に気づきを与える流れが熱い。正々堂々とタイガを迎え撃ってのパフォーマンスには、渋い美声による『survival dAnce ~no no cry more~』の歌唱があいまって、暑苦しさを突き抜けたかのような爽快感を覚えた。