flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

盾の勇者の成り上がり 23「カルミラ島」

脚本:田沢大典 絵コンテ・演出:工藤利春 作画監督:ぎふとアニメーション 森賢、小松沙奈、河本零王、清水海都、大下久馬、世良コータ、大髙雄太、樋口香里

【概要】

カルミラ島に向かう船の中でラルクベルクとテリスの二人組に再会した尚文たち。島におけるレベル上げで互いに協力し合うことになった。順調にレベル上げを果たした尚文たちはラルクたちと別れ休日を楽しむ。海底にある遺跡に立ち入った尚文たちが見たものは……。

【感想】

盾の勇者にとってつらい展開が続いていたので、バカンスを兼ねてのレベル上げイベントをリラックスして楽しむことができた。そんな中でも、尚文のペースを狂わせるラルクの存在がフックになっていて、平面的にならないところが頼もしい。あれほどしつこくつきまとった尚文からの誘いを断った姿がひっかかるが、ラルクとテリスには再びの登場を期待する。