flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

真夜中のオカルト公務員 #11「砂の耳と新人の根性」

脚本:樋口達人 絵コンテ:西澤晋 演出:宅野誠起 作画監督星野真澄、井上貴騎、嘉村弘之、増田俊介、横山紗弓、藤田正幸

【概要】

繭の駆除をする悟たちは、親である蚕神の怒りに触れてしまう。都庁から救援要請を受けた新宿区夜間地域交流課では、新の砂の耳によって蚕神と交渉することになった。日の出までに糸を紡ぐことを約束した新は、アナザーたちに協力要請に走り回る。

【感想】

新が模索してきたアナザーたちとの相互理解にはうってつけのシチュエーション、それが夜間地域交流課の職務とリンクしたからこその気持ちよさがあった。砂の耳を持つがゆえにアナザーの恐ろしさを身をもって体感する新だからこそ、アナザーの説得に感じ入るものがある。天使と天狗に始まるエピソード群がしっかりと下敷きになっての共同作業は、地道にアナザーに向かい合ってきたであろう区の面々の理解もあって、シリーズの集大成にふさわしい光景になっていた。