flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- 第11話「一条シン SIN」

脚本:青葉譲 絵コンテ:日歩冠星 演出:小林浩輔 作画監督:髙井里沙、鈴木理彩、オグロアキラ、前田綾

【概要】

エーデルローズ最後のソロ演技に臨んだシンだったが、気を失って倒れてしまう、しかも得点はゼロだった。シュワルツローズに大差をつけられたエーデルローズは、氷室聖に後押しされて再度のステージに挑む。

【感想】

シンとシャインのせめぎ合いが躁的とも言えるコンテワークで表現される。それがシャインが憑依したシンのプリズムショーに結晶するまがまがしさが圧巻。すべての人たちを笑顔にしたいというシンとシャインの志の違いはよく分からないが、太陽のようでもあり月のようでもある、すなわちエンターテインメントの光と影を体現するシンというキャラクターの特異性はしかと伝わった。それをセリフではなく演出でもって団子のように叩きつけられた感じ。