flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

盾の勇者の成り上がり 25「盾の勇者の成り上がり」(終)

脚本:小柳啓伍 絵コンテ:阿保孝雄 演出:和田慎平、古桑孝治、阿保孝雄 作画監督:清水海都、大下久馬、世良コータ、樋口香里、望月俊平、山村俊了、ぐんそう、小松沙奈、佐藤このみ、片岡英之、山本貴則、大髙雄太、一ノ瀬結梨、国吉杏美、藤岡智、早川元貴、ぎふとアニメーション 森賢、kinemacitrus 小出卓史、谷紫織、塚本あかね、諏訪真弘

【概要】

ラルクとテリスそしてグラスは、尚文たちと異なる世界の勇者たちだった。波から世界を救うためには異世界の勇者を排除しなければならないのだという。尚文はグラスの弱点を突いて勝利する。そして尚文たちは女王ミレリアから賜った恩賞の土地に向けて旅立つ。

【感想】

冤罪に問われたリーシアを迎え入れた器の大きさに、同じように冤罪に耐えてきたこれまでがよみがえって泣けてしまった。不遇からやさぐれそうになっても、人々を守ることに腐心してきた尚文らしさ。ラフタリアやフィーロとの出会いがつなぎとめたと言っても、やはり尚文の人物あってこそに思えてくる。ラフタリアの故郷を拠点に定めたのも、マインたちから距離を置きたいというのは方便であり、日陰者としての盾の勇者の原点に立ち返るとの思いではなかったか。お子様ランチの旗を重ねたくだりが象徴するとおり。尚文にすがりつくラフタリアの芝居が、作画、キャストの相乗効果で見事だった。