flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

グランベルム 第2話「私がここにいるために」

脚本:花田十輝 絵コンテ:渡邊政治 演出:高島大輔 作画監督:北原大地

【概要】

アルマノクスでの戦いから目覚めた満月は日常生活に戻る。グランベルム参戦の意志がなければ記憶を消去し魔石を処分するという新月。その申し出を満月は保留するのだった。

【感想】

魔術師になりたいわけでも好戦的でもない満月が少しずつでも着実に決意を固めていく流れが、新月の視点からいつくしむように描かれており見入った。誰かに気付いてほしいというひたむきな願いを具現化するグランベルム参戦、満月の魔石がその結晶に思えてくる。校舎の中庭を花園に変えた満月の輝きは、自らを「何もない」と評するがゆえの無限の可能性を感じさせ、さらには「悪魔」と形容される新月とのコントラストをも強調してみせた。抑制されたトーンながら二人の表裏一体が見事に表現されていたように思う。