flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

コップクラフト #3「MIDNIGHT TRAIN」

脚本:賀東招二 絵コンテ・レイアウト:板垣伸 演出:田辺慎吾 作画監督:西田美弥子

【概要】

単身でデニス・エルバジのアジトに潜入したティラナだったが、逆に拘束されてしまう。エルバジのたくらみは妖精を媒介にして周囲の人間たちをまとめて中毒にすることだった。ゼラーダの儀式に引き合わされたティラナのもとにマトバが駆けつける。マトバは上司であるジャック・ロスの真意を知るのだった。

【感想】

ティラナのひたむきさを後押しするかのようにカラフルに場面が転換していく。パッチワークのようなぎくしゃく感はあるが、それが形容しがたい味になっている。マトバの秘めたる情熱がティラナの猪突猛進をクールダウンさせるかのような二人の関係性が魅力。エルバジによってセマーニ世界の息苦しさのようなものが言及されたことで、人間界におけるティラナの選択が気になってくる。任務や生活を通じてのマトバとのパートナーシップ次第といったところか。