flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

鬼滅の刃 第十八話「偽物の絆」

絵コンテ:川尻善昭 演出:宇田明彦 作画監督:滝口禎一、秋山幸児、竹内由香里

【概要】

伊之助と圧倒的な父蜘蛛に立ち向かう炭治郎だったが、はるか遠くに吹き飛ばされてしまい、姉蜘蛛を痛めつける累に出くわす。兄蜘蛛との戦いで瀕死の善逸の前に胡蝶しのぶが現れる。伊之助を追い詰めた父蜘蛛を倒したのは冨岡義勇だった。

【感想】

互いに引き離されたことで強調される、炭治郎、善逸、伊之助の仲間としての絆が見どころ。恐怖に立ち向かうことで育まれた同朋意識が、恐怖でがんじがらめにされた蜘蛛鬼たちの家族関係を超えていく筆致の力強さ。そんな中にあって、家族を助けるために戦ってきた炭治郎の精神を受け取ったかのように、伊之助の家族の記憶が呼び覚まされる流れが印象に残る。ひたすらハードな描写の連続だからこそ伝わってくるものがあった。