flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

コップクラフト #6「NEED FOR SPEED」

脚本:賀東招二 絵コンテ:板垣伸 演出:森義博 作画監督山内則康、猿渡聖加、梶浦紳一郎、糸島雅彦

【概要】

愛車のドアミラーを壊されたことに立腹したマトバは、ぶつかってきたトラックを横転させる。その荷台から散乱した書籍はセマーニ世界に密輸される予定のものだった。マトバの愛車を壊してしまったティラナは運転免許を取得することに。新たな車を与えられたマトバだったが……。

【感想】

マトバの荒っぽい運転をティラナが荒っぽい運転で返すことで、二人の凸凹なパートナーシップが小気味よく表現される。地球人と文化が異なることによる恥じらいや、マトバのアレルギー回復を隠していたいたずら心など、ティラナの表情がいつになく豊かだった。セシルが言及した気が強い妹ポジションからの発展が気になるところ。潜入捜査におけるトニーとアレクサンドルのやりとりがユーモラスで、マトバとティラナのコンビに花を添えていた。