flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

スタミュ 第3期 第8幕

脚本:坂井史世 絵コンテ:竹之内和久 演出:浅野景利 作画監督佐々木睦美、山下喜光

【概要】

オープニングセレモニーの出演枠拡大が告知される。星谷たちはteam柊を臨時コーチに稽古に励む。出演枠拡大のため各所との調整に奔走する四季が過労により倒れてしまう。千秋から忠告された冬沢は、四季に対して最後の忠告をする。四季の返答は変わらなかった。

【感想】

無茶を承知で出演枠の拡大を決断した四季の頑張りに星谷が重なって見える。星谷にいら立ち四季にいら立つことで態度を硬化させていく冬沢の内面が痛々しく伝わる。鳳たちが認めた四季の長所が、鳳の薫陶を受けた星谷たちに光を当てることで、主席の座を奪われた冬沢の孤立を容赦なく強調する。冬沢に共鳴できる人材がカンパニーにいれば面白くなりそう。そんなタイミングで辰巳の愁いが気になってくる。