flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

コップクラフト #7「GIRLS ON ICE」

脚本:賀東招二 絵コンテ:板垣伸 演出:播摩優 作画監督:内田利明、小林大地、𠮷田智裕

【概要】

デートクラブに潜入したティラナを指名したのは、市長候補のコール・モゼリーメだった。モゼリーメを司法の場に引き出すために捜査を始めるマトバたち。そんな中、ティラナはデートクラブで知り合ったセマーニ人のゾーイと再会する。マトバから捜査対象になるかもしれないゾーイに会うなと忠告を受けたティラナだったが……。

【感想】

異世界におけるセマーニ人の光と影が切なく伝わってくる。ティラナとしてはゾーイにだまされたようで、ゾーイとしてもティラナにだまされたようで。地球における両者の証がゾーイによるティラナのポートレイト。母親扱いされるマトバと手の掛かる娘といったティラナ、異種による奇妙なパートナーシップが、同種でありながらあえなくついえたゾーイとの友情を和らげてくれるかのよう。