flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

コップクラフト #8「SMELLS LIKE TOON SPILITS」

脚本:永井真吾 絵コンテ:板垣伸 演出:田辺慎吾 作画監督:成松義人、田之上慎、EverGreen、黑皇映画

【概要】

ティラナが墜落させたヘリコプターから密輸品を押収したマトバ。自宅で密輸品の分類をすることになったティラナだったが、その中の石弓に射られてしまう。魔法により飼い猫のクロイと入れ替わってしまったティラナは、何とかセシルに連絡して助けを求める。

【感想】

ティラナ(マトバ)の散らかった部屋に駆けつけたセシルとオニールの散らかった部屋にやってきたマトバの対置が面白かった。ごくプライベートに見えるティラナからのSOSだが、押収品の分類という任務から発生した状況であることは疑いなく、ティラナを放ったらかしで任務に当たるマトバへの当てつけのように感じられなくもない。マトバには明かしたくないというティラナの願望を了承したセシルとの共同作業が、かつての恋仲を想起させるのか秘め事めいているところも妙味。雑然としたいつものテンポがお似合いのエピソード。