flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

鬼滅の刃 第二十二話「お館様」

絵コンテ:栖原隆史 演出:伊藤祐毅 作画監督:遠藤花織、永森雅人、藤原将吾

【概要】

鬼殺隊本部に連行された炭治郎。周囲には隊の幹部である「柱」の面々が見下ろしていた。対立違反をした炭治郎を処刑すべしと息巻く柱たち。そこに「お館様」と呼ばれる鬼殺隊の当主、産屋敷耀哉が現れて……。

【感想】

派手なルックスに豪華なキャストがあいまっての柱たちは相当の迫力。引き出された炭治郎はあまりにもちっぽけに見えるが、禰豆子と二人三脚で戦ってきた反発力にテンションが上がる。その一方で、不死川実弥による容赦ない禰豆子への仕打ちは、鬼との戦いで辛酸をなめてきた人間側の恨みの深さを突き付ける。不死川に向けられた心優しき炭治郎の激しい怒りは、長きにわたる人間と鬼の因縁を包み込むような慈愛を帯びている。累との死闘に続いて美しすぎる兄妹愛に打たれるものがあった。