flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

スタミュ 第3期 第10幕

脚本:ハラダサヤカ 絵コンテ・演出:金子伸吾 作画監督佐々木睦美、南雲紋、井本美穂、近藤律子

【概要】

冬沢の独断で発表されたオープニングセレモニーの2ステージ制。ミュージカル学科の分裂が学園内で噂される。事態を収拾すべきとの四季の説得に応じない冬沢。そして、冬沢による華桜会主席である四季の不信任決議案が発せられる。投票権を与えられた星谷たちが悩んだ末に出した結論は……。

【感想】

プライドをこじらせて孤立を深めていく冬沢を見ているのがつらい。四季派との板挟みになった千秋の苦悩が、ひょうひょうとした立ち居振る舞いだからこそ伝わってくる。こじらせた人間関係への諦めに対する星谷たちの態度(ミュージカルパート含む)がまぶしいだけに、華桜会の重責を負った千秋の選択が重くのしかかる。幼少時代から努力してきたであろう冬沢の内面を誰よりも知るからこそ、落ちていく姿を承知で見届けるしかなかった。そんな千秋の視線でもって宙ぶらりんになる華桜会の伝統と革新の行方。後発である現華桜会の面々の過不足ないフォーカスがお見事。