flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

コップクラフト #9「A KING MAKER」

脚本:永井真吾 絵コンテ:板垣伸 演出:播摩優 作画監督:内田利明、小林大地、𠮷田智裕、木村博美、Park Sang-ho、Seo Jeong-ha、Mun Hui、Jeong Yong-un

【概要】

収集された石弓はごみ処分場に運ばれてしまった。クロイと入れ替わったティラナはセシルに連れられて急行する。幸いに石弓が破壊されたことでティラナとクロイは元通りになった。市長候補だったネイサン・カーンズがセマーニ人に狙撃される。ゼラーダが関与しているらしい。

【感想】

悪臭が立ち込めているであろうごみ集積所でラーテナの臭いをかぎ分けようとするティラナの描写が目を引いた。感覚に訴えるところが演出のパターンに合っていて。ティラナのために必死だったセシルとあくまでも平然としていたマトバのコントラストも面白い。宇宙から来た異邦人であるティラナを地球につなぎとめてくれるようだ。ティラナにせよ、マトバにせよ、気が短くて見ていて疲れるが、少なくとも両者の交流だけは安らげるものになっている。