flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

胡蝶綺 ~若き信長~ 第九話「別離」

脚本:澤田薫 絵コンテ:西片康人 演出:村田尚樹 作画監督:小島絵美、和田伸一、山村俊了、吉田和香子、森本浩文

【概要】

信長に敗れ抜け殻のようになった信勝。家臣の津々木は信長を亡き者にするために次なる計画を実行に移す。信長は独自の動きをしていた織田信清にお市を嫁がせようとするも破談に終わる。そんな中、織田領内の緑ヶ池に大蛇が出るとの噂が立つ。信長たちが緑ヶ池に行くと、そこでは津々木が池の水を抜く作業をしていて……。

【感想】

お市の縁談に自身の世継ぎ話と、じわじわと帰蝶の外堀を埋めていくような展開が重苦しい。せめて信長の役に立とうと陰ながら行動する帰蝶の姿が美しくも痛々しく。同じように信長を支えてきた存在でも、幼き頃からの心おけぬ相手が恒興が陽とすれば、美濃との関係もなくなり宙ぶらりんになった帰蝶のそれは陰と言えそう。だからこそ、信長の暗殺をめぐっての秘密を共有した恒興と帰蝶による秘密の共有がなまめかしくも悲しく伝ってきた。信勝を操ろうとする津々木との蜜月に対するカウンターを恒興と帰蝶の関係性にみる。そして、委細承知とばかりすべてを受け止める信長のスケールが傷ついた者たちを優しく包み込んでいく。去るしかなかった帰蝶の姿につらくなるばかり。