flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

彼方のアストラ #10「CULPRIT」

脚本:桜井光海法紀光 絵コンテ:塚田夏央 演出:浜田将太 作画監督:樋口博美、山本由美子、賽藤晴香、川本由紀子、張鵬

【概要】

カナタたちが帰ろうとする母星が地球でないことにショックを受けるポリーナ。両者の情報を総合すると、アストラは未来の地球なのだという。しかし、カナタたちが暮らす時代までの経緯が異なっているという事実が明らかとなる。そして、一行は最後の寄港地である惑星ガレムに到着する。探索していたカナタはあの球体に再び襲われるが……。

【感想】

カナタの前向きなリーダーシップに刺客を捕まえるための覚悟が加わり、クライマックスに向けて緊張感を増してきた。アリエスの異物感が気になっていただけに、刺客の正体には意外さを感じたりも。いずれにせよ、ムードメーカーでありながら正体不明のアリエスが焦点であることには変わりがない。仲間たちに行き届いたカナタの目線がしっかりと生きているので、次々に明かされる事実にも散漫さを感じずに済む。