flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

Dr.STONE 10「薄っぺらの同盟」

脚本:木戸雄一郎 絵コンテ・演出:川尻健太郎 演出:小野田雄亮 作画監督:三浦雅子、南伸一郎、jumondou seoul

【概要】

ゲンが襲われて負傷する。犯人はルリを手に入れることで村長の座を狙うマグマだった。御前試合に向けて金狼と銀狼に特訓をつけるコハク。その間にサルファ剤の開発を進める千空とクロム。そんな中、治療を受けていたゲンが姿を消してしまう。動揺する一同だったが、千空は落ち着き払っていた。

【感想】

ルリを守ろうとするクロムの熱さに司に反抗する千空の冷静さが加わることで、妖術から脱皮した科学コンビが何とも頼もしく感じられる。まるで不在の大樹が見守ってくれているかのようだ。軽薄に振る舞うゲンが感化された理由も分かる。原始の森を揺さぶるような司の登場に緊張するが、ゲンと千空というトリックスターの二段構えが受け止めてくれる。暴力に訴えるマグマが司帝国の縮図のように見えてくるところがポイント。