flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

胡蝶綺 ~若き信長~ 第十話「兄と弟」

脚本:笹野恵 絵コンテ・演出:河野亜矢子 作画監督中嶋敦子、木村友美、松竹徳幸、森本浩文、小島絵美

【概要】

織田家から去った帰蝶の言葉を吉乃から伝えられた信長。その身辺警護のために精鋭部隊が編成される。末森城では津々木の計略により信長をおびき出す作戦が進められていた。さらわれた恒興を助けるため駆けつけた信長の前に、信勝が立ちはだかる。

【感想】

帰蝶の不在と恒興の不在という危機は信長をとりまく危うさそのものに思えたが、同時に彼らが残してくれたものの大きさを感じさせもする。それは信長という人物のスケールであり、逆臣を排除して忠臣たちを託した信勝の振る舞いが示すもの。兄を尊敬するがゆえに咎人となった信勝の選択がつらくてならないが、帰蝶といい姿を消すことで織田家をまとめようとする引き際は美しくもある。卑劣な津々木に対するカウンターとしても際立つ。後戻りできなくなった信長と信勝をかろうじて結びつけていた象徴である手紙の生かしどころに泣かされた。かつての秀孝と恒興の交流が重なってきて。