flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

テレビアニメED5選 2019

こちらも冬作品、春作品、夏作品からのセレクト。掲載はおおむねオンエア順。

 

『神様はきっと』 / W'z《ウィズ》

  • 絵コンテ:鈴木信吾 演出:横峯克昌 作画監督:安達翔平、植木理奈、内田孝行、谷圭司、藤坂真衣、古田誠
  • 作詞:Fuki 作曲・編曲:Hiroaki Watanabe (re:plus) 歌:Fuki

登場人物の個性を雄弁に伝える表情の芝居そして手の芝居。さまざまな絆の断片が現れては消えていく映像の美しさと包容力にあふれた楽曲の優しさに胸がいっぱいになる。

 

『さよならごっこ』 / どろろ

  • 絵コンテ・演出・原動画・仕上げ・撮影:コバヤシオサム イラストレーション:浅田弘幸
  • 作詞・作曲:秋田ひろむ 編曲:出羽良彰、amazarashi アーティスト:amazarashi

言葉にならない苦悩をにじませる百鬼丸に表情豊かなどろろを重ねながら癒していく構成は一切の無駄がない。哀愁たっぷりの楽曲が二人を控えめな笑顔に導いてくれる。

 

『1%』 / 不機嫌なモノノケ庵

  • 絵コンテ・演出:川崎逸朗 作画監督・原画:長谷川早紀
  • 作詞:はるまきごはん 作曲:はるまきごはん 歌:ウォルピスカーター

ぼかしとにじみを強調したスチルを360度カメラで描写していくユニークなコンセプト。俯瞰でぽつりぽつりと置かれる登場人物たちに風情がある。楽曲もあいまって何とも不思議な視聴感覚。

 

『カーテンコール』 / revisions

  • 絵コンテ:新井陽平 BG&プロップ:白田真人 アニメーション:平川孝充、新井陽平 エフェクト・撮影:髙橋和彦、Root-works
  • 作詞:河邉徹 作曲:杉本雄治 編曲:WEAVER、MEG 歌:WEAVER

薄暗い渋谷のビル群に映されていく登場人物たちのさまざまな表情にそれぞれの生きざまが浮かんでは消える。最後に現れる大介とミロのツーショットでもって朝日が差していく流れにじわじわと熱くなれる。希望を感じさせる楽曲もよい。

 

『まるつけ』 / ギヴン

  • 絵コンテ・演出:山口ひかる 原画・作画監督:永田陽菜
  • 作詞・作曲・編曲:センチミリメンタル アーティスト:ギヴン 歌:矢野奨吾

主人公の分身のような子犬の愛らしい動きが、ミニマルなアレンジによる実直な歌唱が、本編の余韻を優しく包み込んでくれる。簡素なつくりがエンディングにふさわしい。